市民葬・区民葬とは?予算を抑えた葬儀

市民葬のメリット・デメリット

市民葬のメリット・デメリットの写真

市民葬・区民葬のメリット

市民葬・区民葬の最大のメリットは、費用を抑えて行うことができることです。多くの場合、葬儀にかかる費用はかなりの出費になります。しかし、葬儀は高額な費用がかかることが多く、すぐに資金が用意できるわけではありません。このような場合には、市民葬や市営の葬儀を利用することで、費用を抑えることができます。また、既存の葬儀社が自治体と協定を結んでいるので、信頼できる葬儀社を見つけやすくなります。市民葬のメリットの一つは、規格に沿った葬儀ができることです。

市民葬・区民葬のデメリット

市民葬・区民葬にはメリットがある一方で、デメリットもあります。市民葬・区民葬を検討している方は、欠点を理解しておくことが大切です。

市民葬の例(東京都)

冒頭でも触れましたが、東京都内でも都民・区民の葬儀を行うことは可能です。東京都が提供している葬儀サービスを見てみましょう。東京都内で市民葬を利用する場合は、まず区役所で葬儀券を入手する必要があります。チケットは2種類あります。現在、祭壇・霊柩車・火葬料・骨壷の4種類のチケットがあります。それぞれ祭壇、棺、棺の種類に応じて配置されています。これらの要素を組み合わせて価格が決定されます。例えば、祭壇には「祭壇A」「祭壇B」「祭壇C」の3種類があり、「祭壇B」「祭壇C」の方がサイズが小さく、式中に使用することができます。しかし、祭壇BやCはサイズが小さく、式場で使用すると寂しい雰囲気になってしまいます。自宅で仏壇を使いたいという方には、このタイプの方が適していると言えます。

最低限の葬儀の条件

市民葬や区民葬でできることは、質素な葬儀のために最低限のことだけを行うことです。価格を抑えながらも質を落とさずに済むのであれば、質素な葬儀をしないわけにはいきません。知る由もありません。また、市民葬や区民葬の場合は、市によっては料理での接客や返礼を認めていないところもあります。そのため、大勢の友人・知人を招いて盛大な葬儀を行いたい場合には、公民館や公民館の葬儀が最適ではありません。場合によっては、余計なコストが高くなることもあります。市民葬や区民葬のメリットは、費用が安く済むことです。最低限必要な商品やサービスが指定されているのはごく一部です。そのため、必要なものを追加していくと、思った以上にお金がかかってしまうことも!?

追加するもの

飲食、葬儀社のレンタル料、葬儀社の人件費、お寺へのチップなど。装備品です。ドライアイス、テント、輸送、棺桶カート、死者の写真など。寄付金や返礼品など、お礼状、お返し、お花、貢物、どれも葬儀には欠かせない費用ですが、通常は余分にかかるものです。そのため、大きなお葬式をしていなくても料金が高くなってしまうことがあります。現在では、多くの葬儀社がお得なパッケージ価格で提供しています。そのため、葬儀の内容や利用する葬儀場によっては、一般的な葬儀の方が民営や区営の葬儀よりも高額になることもあります。安くすることができます。コストを重視するのであれば、比較してみることをおすすめします。

葬儀場は選べない

市民葬や区民葬では、自治体が所有する葬儀社が葬儀を行います。そのため、葬儀社を無作為に選ぶことはできません。また、公営の葬儀場であれば、祭壇は白木の祭壇で、お好みの祭壇や棺を使用することはできません。人気の高い花祭壇でも、一般的には市民葬や区民葬では使用できません。市民葬や区民葬では、葬儀社や宗派の選択もありますが、より安く、より有意義なお葬式にすることができますよ 設計されているので、様々な部分で限界があることを知っておきましょう。